*

*

0/500

Adobe Dynamic Tag Manager(DTM) での解析コード設置における注意点

Ptengineの解析コード設置の際に、Googleタグマネージャー(GTM)やYahooタグマネージャー(YTM)などのタグマネージャーと同様に、Adobe社の Dynamic Tag Manager(DTM)もご利用いただけます。

ただし、DTMをご利用の際は注意していただく点が一点ございます。

 

DTMの順次HTML、非順次HTMLの設定について

 

DTMでは計測コードの発動ルールを「順次HTML(同期処理)」と「非順次HTML(非同期処理)」を選択できます。

ここでは「順次HTML(同期処理)」を選択してください。

非順次HTMLでは、その他ファイルのロードと並行して読み込むことができるため、
ページのローディング時間を軽減する効果がありますが、
Ptengineの解析コードはすでに非順次で処理されるようになっております。

そのため、DTM側で非順次の設定をすると上手く解析コードが設置できず、
データが集計されないという現象が発生する可能性がございます。

DTMの解析コード設置の際は、くれぐれもご注意くださいませ。

Hits: 239