*

*

0/500

WordPressプラグインのインストール

注意点!
すでにPtengineの解析コードを解析対象サイトに設置されている場合、まずはHTMLソースに貼り付けてある解析コードを削除した上で、WordPressプラグインのインストールを行ってください。もし、解析コードを削除せずにWordPressプラグインのインストールを行うと、Ptengineの解析コードが2つ同時に動作することになってしまい、正確なデータ取得ができなくなります。

重要:WordPressのプラグインは現在WordPress内では公開されていません。大変お手数ですが、下記資料に従って手動で導入をお願い致します。

手動で導入する方法

タグマネージャー を使ってWordPressに解析コードを設置する方法もおすすめです。

(手動で導入するより簡単で且つ10分ほどで設置できます)

 

1.WordPress管理画面「プラグイン」>「新規追加」

WordPress管理画面(ダッシュボード)の左メニュー「プラグイン」>「新規追加」をクリックします。

 

2.「プラグインを追加」からPtengineのプラグインを検索
「プラグインを追加」の画面が表示されたら、右上にある「プラグインの検索」の検索ウィンドウで、Ptengineと入力して、実行してください。

検索結果に、Ptengine – Real time web analytics and Heatmapというプラグインが表示されます。これがPtengineのプラグインです。「いますぐインストール」をクリックしてください。

 

3.プラグインの有効化(手動で導入した場合)

プラグインの有効化を行ってください。

下記のように「プラグイン」の一覧に、「Ptengine」のプラグインが追加されます。
プラグインの下に「停止 | 編集」と記載されています。

「停止」と記載されている場合、Ptengineプラグインは有効化されています。

もしも「有効化」と表記されていたら、有効化されていない状態ですので、「有効化」の文字をクリックしてください。

 

Ptengineのプラグインが有効化されると、下記のように、Wordpressのメニューに「Ptengine」の項目が追加されますので、「Ptengine」をクリックしてください。

 

4.サインアップもしくはログイン

メールアドレスとパスワードを使ってアカウントの新規登録、もしくはすでに登録しているアカウントでログインして下さい。
これでWordpressのインストールは完了です。

Hits: 1663