*

*

0/500

CV計測をする場合、ユーザーが通過する全てのウェブページに解析コードを入れる必要がありますか?

CV計測をする場合、ユーザーが通過する全てのウェブページにPtengineの解析コードを入れる必要があるか、無いかは、解析したい内容によって異なります。

 

1. ユーザーが通過する全てのウェブページにPtengineの解析コードを入れる必要が無い場合

CV回数だけ計測できればよく、「CV名でフィルターを掛ける」機能(後述)を使う必要が無い場合は、CV設定のゴールページにさえ解析コートが入っていれば問題ありません。ただし、ゴールページだけではなく、ファネルも設定した場合、ファネルのページにも解析コードを入れてください。

 

2. ユーザーが通過する全てのウェブページにPtengineの解析コードを入れる必要がある場合(「CV名でフィルターを掛ける」解析を行いたい場合)

「CV名でフィルターを掛ける」とは、CV設定でゴールページに到達したユーザーにセグメントして、数値データを見たり、ヒートマップを見たりしたい場合です。ユーザーが通過する途中のページに解析コードが貼られていないと、途中でセッションが切れてしまい、フィルターが機能しなくなる可能性があります。

「CV名でフィルターを掛ける」解析を行いたい場合は、以下の全ての場合について、ユーザーが通過する全てのウェブページにPtengineの解析コードを入れてください。

・ドメインも、サブドメインもまたがない場合

・サブドメインをまたぐ場合

・ドメインをまたぐ場合

(ドメインをまたぐ場合は、さらに記述を追加していただく必要があるので、こちらも併せてご覧ください)

 

「CV名でフィルターを掛ける」がうまく機能しない場合の例:

ユーザーがウェブサイトに入ってくる

入口ページ ・・・ 解析コード有

商品A 詳細ページ ・・・ 解析コード有

商品B 詳細ページ ・・・ 解析コード無

商品C 詳細ページ ・・・ 解析コード有

買い物かご(カート) ・・・ 解析コード有

購入プロセス1 ・・・ 解析コード有

購入プロセス2 ・・・ 解析コード有

購入プロセス3 ・・・ 解析コード有

購入完了(サンクスページ) ・・・ 解析コード有

※このページをコンバージョンページに設定している。

上記のように、途中に解析コードが入っていないウェブページが存在すると、「CV名でフィルターを掛ける」がうまく機能しなくなる可能性があります。上記の場合は商品B 詳細ページにも解析コードを入れていただくことで「CV名でフィルターを掛ける」解析を行うことができます。

Hits: 540