*

*

0/500

訪問の成功事例

 新規訪問 :初めてサイトに接触したユーザー
      ウェブサイトの背景知識がなく、サイトを理解することから始める
 再訪問  :リピーター
      目的がある程度明確になっており、迷うことなく目的地に行こうとする

以下、来店型ショップの成功事例をご覧ください。
訪問の種類で、「セグメント」 × 「ヒートマップ」 分析したケースです。

さて、課題から一緒に考えてみましょう。

課題:Web来店予約数を増やしたい。
   トップページや店舗ページの改善につなげたい。

「どのような情報が掲載されているサイトかわかりませんが..初めまして!」と新規訪問者が求めている情報、「以前、来たことがありますが..また訪問しました!」と再訪問者が求める情報が異なるので、
どのユーザーであっても一貫したストーリーを提示していく必要があります。

改善前は伝えたいメッセージが全体的に分散しており、ユーザーがなかなかページの下部まで到達しておりませんでした。

Web来店予約を増やすための施策として、ユーザーが
 ”何を”求めているか → “何を”求められるか
のイメージを具現化させ、ファーストビューやメニューにコンテンツを改善してみました。

その結果、改善後には、新規訪問ユーザーはTOPページ閲覧に対する姿勢が明らかに変化しており
再訪問ユーザーはより新着情報やメニューを利用するようになり、平均2.14%のCVR改善に繋がった事例です。

★ワンポイント解説★
サイトに訪れたユーザーの反応がより素早くなるように適切な情報だけを載せ、よりインパクトのあるコンテンツに改善してみてください。ぜひ、活用してみましょう♪

Hits: 5904