*

*

0/500

ページグループヒートマップ

Ptengineではページ毎のヒートマップの以外に、ページグループのヒートマップも閲覧することができます。

類似したレイアウトのウェブページが多数あるが、それぞれのURLのページビュー数が少ないといった場合に、この機能を使うと類似したページレイアウトがユーザーにどのように閲覧されているのかを、合算して確認することができます。

活用例としては転職サイトでほぼ同じレイアウトの求人詳細ページをまとめてヒートマップで分析したい場合や、ECサイトで同じカテゴリに含まれる商品詳細ページをまとめてクリックデータを確認したい場合にこの機能を活用することができます。

【設定方法】

今回はPtengineのブログの記事ページを例として、グループヒートマップの作成方法を解説します。

1.[設定]→[ページグループ]を開き、[+追加]をクリックしてページグループを作成します。

2. ポップアップの画面にページグループ名、対象、URLルールを設定します。

3.[ヒートマップ]を開き、[ページグループ]をクリックし、作成したページグループを指定します。

作成したページグループが表示されるのは、実際に作成したページグループに訪問があってからとなります。データが計測されてから、作成したページグループの項目が表示されるまでに1時間ほどかかる場合があります。

4.ページグループヒートマップを最初にご覧いただく際にヒートマップデータの背景として表示されるウェブページのURLを設定していただく必要があります。

作成したページグループを最初に選択すると、ヒートマップのバックグラウンドの設定画面が表示されます。http://かhttps://のどちらかを選択し、バッググラウンドのURLを貼り付けて[保存]します。

設定した背景ページの上にヒートマップのデータが表示される仕組みになっています。背景ページは後から変更することも可能です。

5. 上記の設定が完了すると、Ptengineの管理画面上とウェブビューでページグループヒートマップを確認することができます。 

Hits: 669