*

*

0/500

ヒートマップとは

ヒートマップはユーザーのサイト上でのアクションの大小をサーモグラフィーで表す機能です。

よく見られたり、クリックされている場所は赤くなり、逆に見られなかったり、クリックが少ない場所は無色だったり青色になったりします。またヒートマップで計測できるページの長さ制限はございません。

クリックヒートマップ
ユーザーがサイトをタップした場所がヒートマップで表されます。良くタップされた場所ほど赤くなります。スマートフォンの場合、スクロールやフリック等、タップ以外での画面タッチがありますが、それらのタッチは除外されて表示されます。

アテンションヒートマップ
ユーザーがサイトで見ていたエリアをその場所での滞在時間から総和し、ヒートマップの濃淡で表します。よく見られている場所ほど赤くなります。

Note: ヒートマップ(ウェブビュー含む)で読み込む内容が一定以上になると、ブラウザがフリーズする恐れがあります。その際には、「ページ分析」で画面の最下部まで一度スクロールし終えた後、クリックヒートマップやアテンションヒートマップをご確認ください。

 

Hits: 1765