*

*

0/500

【Optimizely】A/Bテスト

PtengineへOptimizelyの実験機能を統合します。
Ptengineを通じてABテストの実験ページのヒートマップを確認することができるようになります。
設定が完了すれば実験ごとにユーザーの行動を比較、分析をすることができます。

※この機能は Enterpriseプラン 以上のユーザーのみが使用可能です。

ただし、Ptengineの計測タグとOptimizelyのコードの実装方法によって、ヒートマップの連携ができる場合とできない場合とがあります。

※ ケースDの連携方法についてはこちらのファイルをご参照ください。

!PtengineとOptimizelyを両方使用する場合にご留意頂きたい点

①実験するページ以外にOptmizelyのコードが入っていた場合、そのページをPtengineのヒートマップで見る際に、ヒートマップにOptimizelyのCSSが読み込まれる可能性があります。もし、実験していないページのヒートマップを見たい場合は、そのページからOptmizelyのタグを外してからヒートマップを見てください。

 

②GTM(Googleタグマネージャー)をご利用の場合。GTMでPtengineの解析コードとOptimizelyのタグを設置されていると、Ptengineでヒートマップ確認時、実験バージョンごとにデザインを出し分けられません。恐れ入りますが、どちらかをGTM以外の方法で設置いただくようお願い申し上げます。

 

 

Optimizely側の設定

URL ターゲット設定
[概要] > [実験] で右サイドに [実験の詳細](1)を表示し、[URL ターゲット設定] の [編集] (2) をクリックしてください。

[URLターゲット設定] のウィンドウで、「ptengine.jp」のドメインを「部分文字列一致」で追加 (1)し、[保存](2) してください。

プライバシー設定

[設定] > [プライバシー] で、「強制バリエーションパラメーターを無効にする」(1)のチェックを外して、[保存](2) してください。

Ptengine側の設定

Ptengine側で設定が必要なのは1箇所のみです

プロファイル設定画面の左サイドメニュー[ヒートマップ] > [実験] でOptimizelyのスイッチをONに切り替えてください。

PtengineでOptmizelyの実験結果のヒートマップが見られるようになるのは、実験日の翌日からです。

たとえば、設定した日が2月10日であれば、今日の実験結果のヒートマップは2月11日以降に見られるようになります。

Hits: 1263