*

*

0/500

用語集

ユニークユーザー(UU)
決まった期間内にサイトへ訪問した人数
同一のユーザーが何度訪問したとしても「その人」は1度しかカウントしない

訪問数
サイトに訪問した回数
1人のユーザーがサイトに訪問すると「1」訪問数とみなされる

訪問の終了は以下の場合を指します
1.ブラウザ(タブ)を閉じる
2.プロファイル内のサイトから離脱
3.ユーザーが連続30分間(スマートフォンの場合は5分間)行動しない場合
(クリック、スクロール、入力、ページのリフレッシュ、新しいページを開くなどの行動がされない場合)
※30分以内に別の流入元(直接流入は除く)から訪問した場合、2回目の訪問とみなす。同一の流入であれば、新たに訪問数のカウントはしない。

訪問数/UU
1人当たりの訪問数

ページビュー(PV)
ページが閲覧された回数
ページに組み込むPtengineの解析コードであるJava script タグが1回ダウンロードされると1PVとして計算する

PV/UU
1人当たりのPV数

コンバージョン(CV)
サイト上でユーザーに到達してもらいたい目標、アクション
Pt engineでコンバージョンとして計測されるのは、次の3つです。

1.目標ページURLへの到達
ユーザーが特定の操作を完了させたページを指定することで、成果を計測します。
会員登録であれば、「会員登録ありがとうございました」と表示されるページ
商品購入であれば、「購入が完了しました」などの購入完了確認ページなどが該当します。
指定したページにユーザーが到達した場合につき、CVを1カウントします。

2.目標ページグループへの到達
ユーザーが特定のページグループへの到達を成果として計測します。
指定したページグループにユーザーが到達した場合につき。CVを1カウントします。

3. 目標イベントの発生
Ptengineのイベント計測であらかじめ設定したイベントをユーザーが発生させた場合に、CVを1カウントします。

CV回数
CVを達成した訪問数

CV率(コンバージョン・レート)
ある1つのCVのCV率:CV回数/サイトの総訪問数
全CVのCV率:各CV率の合計

CVの価値
設定したCVの価値×CV回数
ex) 1CV=200、CV回数20回である場合、CVの価値=4000

ポジティブCV
売上等などのプラスのCV

ネガティブCV
退会などのマイナスのCV

クリック数
サイト訪問者がプロファイル、或いはページ上で マウスクリック or タップ した回数
リング上のクリックとリンク外のクリック、双方をカウントする。
スマートフォンやタブレットの場合、スワイプやピンチアウトによる際に画面を触ることなりますが、
そちらはクリック数としてはカウントしない。

新規(新規訪問数)
初めてプロファイル内のサイトに訪問したユーザーの訪問数の合計
各プロファイルサイト内のユーザーで過去に訪問した履歴がない場合、新規訪問とみなす。
過去に訪問したことがあった場合でも、ユーザーがcookieなどの情報を削除した場合、
同一ユーザーとみなせなくなるため新規ユーザーとみなす。

再訪問(再訪問数)
指定期間においてプロファイル内のサイトに2回以上訪問した訪問数
再訪問数 = 訪問数ー新規訪問数

入口数
特定のページにおいて、訪問(セッション)のスタートページとして閲覧された回数

入口率
入口数/該当ページのPV数

離脱(離脱訪問数)
特定のページにおいて、訪問の最後のページとして閲覧された回数

離脱率
離脱訪問数/該当ページのPV数

直帰
PVが「1」の訪問回数
流入したページでそれ以外のページを見ずに離脱してしまった訪問の合計

直帰率
直帰訪問数/総訪問数

*なぜGoogle AnalyticsよりPtengineの方が直帰率が高いのか。
Ptengineの場合、PC:30分、スマホ:5分
Google Analyticsの場合、PC、スマホともに30分
そのためPtengineの場合スマホに関してはGoogle Analyticsよりも直帰率が高くなりやすくなっています。

平均ロード時間
各ページの訪問リクエストからページロード完了までの時間の平均時間
平均ロード時間 = ページロード時間の総計/訪問数

平均滞在時間
滞在時間の平均
平均滞在時間 = すべての訪問のサイトに入ってから離脱するまでの時間の合計/総訪問数

イベント
・合計イベント ・・・ イベントが発生した回数の合計
・バリュー ・・・ ユーザーイベントに対して数値データを付与する数値
・カテゴリー ・・・ トラッキングしたいオブジェクトグループの名前
・アクション ・・・ カテゴリーに属する操作。オブジェクトに対してのユーザーの行動を定義する
・ラベル ・・・ イベントデータ細分化するためのオプション要素