*

*

0/500

【Optimizely X】 ご利用ガイドライン

Optimizely X と Ptengine の連携方法をご案内いたします。
下記の設定を行うことで、Optimizely X で実施した実験の対象ページのヒートマップを
Ptengine上でパターンごとに確認することができます。

Optimizely X と Ptengine 連携のご留意点
Optmizely Xのコードは必ずPtengine 解析コードの上部に設置してください。

※この機能は Enterpriseプラン 以上のユーザーのみが使用可能です。

Optimizely X の設定

    • ログイン
    • Optimizely X にログインします。

    • スニペットコードの設定 (Snippet Settings)
    • 1. Optimizely Xの左メニューから 〔Settings〕 を選択し、上部のタブから
       〔Implementation〕 を選択してください。

      2.〔Snippet Settings〕の Privacy から
       「Mask descriptive names in project code and third-party integrations」 の
      チェックを外してください。
      (訳:プロジェクトコードとサードパーティの統合の説明的な名前をマスクする)

      3.〔Snippet Settings〕の Privacy から
       「Disable the force variation parameter」のチェックを外し、
      (訳:強制バリエーションパラメーターを無効にする)

      「Allow anyone to view draft or paused experiments by appending the query parameter optimizely_token=PUBLIC (Optimizely X only)」にチェックを入れてください。
      (訳:クエリーパラメーター optimizely_token=PUBLIC を追加することにより、誰でもドラフトや休止中の実験を表示することを許可する)

      4. 〔Snippet Settings〕の Privacy のチェックが正しく入っているのかお確かめの上、
       画面の右下にある〔Save〕ボタンをクリックし、設定を保存してください。

    • 新規実験の作成 (Create New A/B Test)
    • A/Bテストを行うページを 「実験(Experiments)」 として作成/登録します。

      1. Optimizely Xの左メニューから 〔Experiments〕 を選択します。
       〔Create New…〕 のプルダウンメニューから 〔New A/B Test〕を選択してください。

       
      2. Optimizely X 新規 Experiments 〔New A/B Test〕の作成画面が表示されます。
       ・ Name(実験名)
       ・ Targeting欄のURL(実験対象ページのURL)
       を入力します。

       その後 〔Create Experiment〕ボタンをクリックし、作成を完了してください。

      3. 作成した実験名は 〔Experiments〕 Overviewの一覧から確認できます。

      4. 〔Experiments〕のOverviewから実験名を選択し、実験詳細の画面を開き、
       左メニューの 〔Variation〕 を選択していただくと、
       〔Variation〕 画面にて各実験パータンごとに編集ができます。

    • Ptengine計測用URLの設定 (URL Targeting)
    • Ptengineにヒートマップ作成のためのデータを送信するためには、
      以下の手順でPtengineのURLを、実験対象ページとして追加設定を行う必要があります。

      1. 〔Experiments〕のOverviewから PtengineヒートマップでA/Bテストしたい実験名を選択し、
       左メニューから 〔URL Targeting〕 を選択します。

      2. Optimizely X URL Targetingの Page Settings Conditions から
       実験ページURLの右側にある 〔 + 〕 ボタンをクリックします。

       その後、追加するURLの条件を下記の通りに指定してください。
       ・ URL :ptengine.jp
       ・ Match Type :Substring Match

       右下にある〔Save〕ボタンをクリックし、設定を保存してください。

      3. 以上、Optimizely X の設定は完了です。

      Optimizely XのExperimentsで A/B Testの実験ページを追加する場合
      Optimizely X の仕様上、実験名ごとに設定する必要があるため、初回連携と同じ手順で設定してください。

Ptengine の設定

    • ログイン
    • Ptengine にログインします。

    • ヒートマップのA/Bテスト設定 (Optimizely X)
    • 1. プロファイル 〔設定〕 画面の左メニューから
       ヒートマップ内の 〔A/Bテスト〕 を選択してください。

      2. Optimizely X のスイッチを 〔ON〕 に切り替えてください。
       ※Optimizely Classic のスイッチは自動的に OFF になります。

      以上で Optimizely X と Ptengine の連携設定は完了となります。

      実験日の翌日から、Ptengine上でバリエーション(Variation)ごとの
      ヒートマップが確認できるようになります。

 

Hits: 824