*

*

0/500

クロスドメイン計測

クロスドメインとは、ドメインが二つ以上にまたがっている状態を言います。

a.com からb.com へ移動し、b.com でコンバージョンしたユーザーのフィルターを、a.com の数値データやヒートマップに掛けるためにはこの場合は、クロスドメインの計測を行う場合に必要です。

Note: サブドメイン間の遷移は、クロスドメインには該当しませんので、下記の設定は必要ありません。www.test.com から sp.test.com へ移動する場合は、”test.com”というドメイン間の移動となるので、Ptengine上でセッションは継続できます。

 

通常のクロスドメイン設定

そこで、上記のような計測を行いたい場合は、クロスドメイン計測に対応できるよう、お客様に設定をしていただく必要があります。

  • Aのページにのみ、特別なタグを実装していただく必要があります
  • 特別なタグとは下記の部分です。

    _pt_sp_2.push('setCrossDomainLink,allManual');

    ※必要最低限、上記の(A)にAPI実装していただく必要がありますが、BやCに実装されたタグが入っていても問題ありません。

    <script type="text/javascript">
        window._pt_lt = new Date().getTime();
        window._pt_sp_2 = [];
        _pt_sp_2.push('setAccount,xxxxxxxx');
        _pt_sp_2.push('setCrossDomainLink,allManual');
        var _protocol = (("https:" == document.location.protocol) ? " https://" : " http://");
        (function() {
            var atag = document.createElement('script'); atag.type = 'text/javascript'; atag.async = true;
            atag.src = _protocol + 'js.ptengine.jp/pta.js';
            var stag = document.createElement('script'); stag.type = 'text/javascript'; stag.async = true;
            stag.src = _protocol + 'js.ptengine.jp/pts.js';
            var s = document.getElementsByTagName('script')[0];
            s.parentNode.insertBefore(atag, s); s.parentNode.insertBefore(stag, s);
        })();
    </script>
    
  • 上の図のAのページにのみ、Bに向かうリンクに、「onclick=“pt_domain”」を追加してください。
  • (例)<a href=”https://b.com/contact.html” onclick=“pt_domain”>資料請求</a>

    ただし、<form につきましては、onclick=“pt_domain”を追加していただいても、クロスドメインのセッションをつなぐことができません。この場合、冒頭でご説明したb.comでコンバージョンしたユーザーのフィルターをa.comの数値データやヒートマップに掛けるということが、仕様上できなくなりますのでご了承ください。

  • 訪問者が入ってくるページからCVに至るまでに通過する全てのページに計測タグを張ってください。訪問者がCVに至るまでに通過する全てのページにPtengineの計測タグが貼られていないと、クロスドメインのCV計測を行うことができません。

 

全外部リンクのクロスドメイン設定

  • 通常のクロスドメイン設定と同様にAのページにのみ、特別なタグを実装していただく必要があります。
  • この場合の特別なタグとは以下のコードとなります。

    _pt_sp_2.push('setCrossDomainLink,halfManual');

    halfManualは半手動モードになります。一度上記コードをウェブサイトに追加すると、ほかの修正要らずに該当ウェブページですべてのボタンに対して、クロスドメイン処理が実行されます。

    <script type="text/javascript">
        window._pt_lt = new Date().getTime();
        window._pt_sp_2 = [];
        _pt_sp_2.push('setAccount,xxxxxxxx');
        _pt_sp_2.push('setCrossDomainLink,halfManual');
        var _protocol = (("https:" == document.location.protocol) ? " https://" : " http://");
        (function() {
            var atag = document.createElement('script'); atag.type = 'text/javascript'; atag.async = true;
            atag.src = _protocol + 'js.ptengine.jp/pta.js';
            var stag = document.createElement('script'); stag.type = 'text/javascript'; stag.async = true;
            stag.src = _protocol + 'js.ptengine.jp/pts.js';
            var s = document.getElementsByTagName('script')[0];
            s.parentNode.insertBefore(atag, s); s.parentNode.insertBefore(stag, s);
        })();
    </script>
    
  • 訪問者が入ってくるページからCVに至るまでに通過する全てのページに計測タグを張っていただきます。クロスドメインの計測ができるようになります。詳細については 「CV計測をする場合、ユーザーが通過する全てのウェブページに解析コードを入れる必要がありますか?」 をご覧ください。
  • AのページにはBに向かうリンクがない、もしくは全ての外部リンクが対象になるので、通常のクロスドメイン設定と異なり、onclick=“pt_domain”を貼る必要はございません。

Hits: 1330